u18高校野球ワールドカップ2017日本代表の中継の日程は?メンバーは誰?

2017年9月1日~9月11日の期間で開催される

第28回 WBSC U-18 ベースボールワールドカップ。

 

このベースボールのワールドカップは2年に1度行われる

18歳以下の野球の世界大会です。

 

前回の第27回大会は日本で行われましたが、

全勝で迎えた決勝戦で惜しくもアメリカに惜敗し、

準優勝という結果になりました。

 

今年の第28回大会はカナダで行われます。

日本の高校野球はレベルが高いですし、

今回の大会でも活躍が期待できますよね!

 

今回はWBSC U-18 ベースボールワールドカップの

気になる日程や中継予定、選ばれたメンバーについてまとめますよー!

スポンサードリンク

第28回 WBSC U-18 ベースボールワールドカップ概要

 

期間   2017年9月1日~9月11日

開催地  カナダ(サンダー・ベイ)

 

出場する国・地域

グループA  カナダ、韓国、チャイニーズ・タイペイ、オーストラリア、イタリア、ニカラグア

グループB  日本、アメリカ、キューバ、メキシコ、オランダ、南アフリカ

 

出場する国と地域は全部で12。

前回(2015年)の大会と比較して変わったのはチェコが抜け、ニカラグアが新たに参戦しています。

 

ニカラグアってどこ?

ってピンと来ない方も多いと思いますが(僕もそうですw)

北アメリカと南アメリカの間に位置する国です。

 

いわゆる野球が強くて有名な「カリブ海の国」って感じですね。

近くにはベネズエラやキューバ、ドミニカ共和国があり、

そう考えると、ニカラグアも不気味な存在ですよね。

 

 

気になる日本はというとグループB

アメリカやキューバと同じというなかなか厳しいグループです。

 

 

まずはグループ内での総当たり戦を行い、

各グループの上位3チームがスーパーラウンドへ進出

 

スーパーラウンドでは自らが所属するグループとは

別グループの3チームと対戦し、

最初のグループ戦で戦った結果と合わせた最終結果の

上位2チームが決勝戦を行うというルールになっています。

 

うーん。なんだかすごくややこしいw

 

 

つまりは日本の場合、まずはグループBの他5チームと対戦。

その結果、3位以内に入ればスーパーラウンドへと進み、

グループAの上位3チームと対戦。

 

スーパーラウンドでも総当たりの結果で順位を決めるんですが、

グループが同じだったチームとはもう1度対戦してるので、

そのときの結果を採用して、順位を決めるって感じですね。

 

 

グループ戦のときに2敗していても

その敗れた相手がスーパーラウンドに進出できなければ、

スーパーラウンドではその勝敗は持ち越されず、

敗れた相手もスーパーラウンドに進出している場合は、

その結果が持ち越されるというのが、この大会の特徴であり、

このルールが結果に大きな影響を与える可能性はありますよね。

 

3敗したのに優勝した!

1敗しかしてないのに準優勝・・・

みたいなアベコベな結果があり得ます。

 

ルールに左右されないためには全勝優勝!

これが1番気持ちが良いってことですね!!!

 

 

 

日本代表の中継日程は?

 

オープニングラウンド

試合日時 対戦カード 放送局
9月1日(金)22時30分~ メキシコ – 日本 BS朝日、J SPORT3、Abema TV(SPORTS、GOLD)
9月3日(日)6時00分~ 日本 – アメリカ BS朝日、J SPORT3、Abema TV(SPORTS、GOLD)
9月4日(月)6時00分~ 日本 – キューバ BS朝日、J SPORT2、Abema TV(SPORTS、GOLD)
9月5日(火)3時00分~ オランダ – 日本 BS朝日、J SPORT3、Abema TV(SPORTS、GOLD)
9月5日(火)22時30分~ 日本 – 南アフリカ BS朝日、J SPORT3、Abema TV(SPORTS、GOLD)

 

スーパーラウンド

試合日時 対戦カード 放送局
9月7日(木) 未定 J SPORTS3
9月8日(金) 未定 J SPORTS3
9月9日(土) 未定 J SPORTS3

 

3位決定戦/決勝

試合日時 対戦カード 放送局
9月11日(月)1時00分~ 3位決定戦 J SPORTS3
9月11日(月)6時00分~ 決勝 J SPORTS3

 

J SPORTでは全試合を中継してくれるようですね。

ただ、J SPORTSは有料。

すでに入っている人にはこの中継は嬉しいですが、

入ってない人は加入しないと見ることはできません。

 

オープニングラウンドはBS朝日とAbema TVでも中継してくれるので、

無料で見ることができそうですね。

 

正直日本がスーパーラウンド、決勝に進まなければ

放映権を取っても視聴率が期待できないことから

BS朝日とAbema TVはオープニングラウンドのみの

中継予定になってるってことも十分考えられますよね。

 

もし大会が盛り上がり、日本代表が勝ち上がれば、

BS朝日かAbema TVが中継してくれるってこともあり得ます!

 

頑張れニッポン!

そして頑張れ放送局!(笑)


スポンサードリンク

u-18日本代表のメンバーは?

 

この第28回 WBSC U-18 ベースボールワールドカップに出場するメンバーが先日発表されました。

投手(8人)

11 清水達也(3年 花咲徳栄)

13 川端健斗(3年 秀岳館)

14 三浦銀二(3年 福岡大大濠)

15 山下輝(3年 木更津総合)

16 桜井周斗(3年 日大三)

17 磯村峻平(3年 中京大中京)

18 徳山壮磨(3年 大阪桐蔭)

19 田浦文丸(3年 秀岳館)

捕手(2人)

10 中村奨成(3年 広陵)

22 古賀悠斗(3年 福岡大大濠)

内野手(6人)

1 西巻賢二(3年 仙台育英)

2 鯨井祥敬(3年 東海大市原望洋)

3 清宮幸太郎(3年 早稲田実業)

5 安田尚憲(3年 履正社)

7 小園海斗(2年 報徳学園)

8 井上大成(3年 日大三)

外野手(4人)

9 丸山和郁(3年 前橋育英)

21 伊藤康祐(3年 中京大中京)

24 増田珠(3年 横浜)

28 藤原恭大(2年 大阪桐蔭)

 

監督 小枝 守

 

今回招集されたのはこの20名。

今年のドラフト候補を含む、スーパー高校生軍団です。

 

 

今年の夏の甲子園で優勝した花咲徳栄のエース清水達也投手や

夏の甲子園のホームラン記録を塗り替えた広陵中村奨成選手。

春のセンバツ優勝投手の大阪桐蔭徳山壮磨投手。

高校通算107本塁打の早実清宮幸太郎選手に

西の大砲、履正社安田尚憲選手、

夏の神奈川大会の本塁打記録に並んだ横浜増田珠選手・・・

などなど注目の選手が盛りだくさん!

 

主将は早稲田実業清宮幸太郎選手に決定しました!

 

この中にはきっと将来プロで活躍する選手もいるでしょうし

世界を相手にどんな戦いをするのか?注目ですよね。

 

この大会の出来次第ではスカウトの評価が変わり、

ドラフトの上位候補になることも十分考えられます。

まとめ

 

前回(2年前)の第28回 WBSC U-18 ベースボールワールドカップでは

日本は全勝で決勝まで進んだものの、阪神甲子園球場という高校野球の聖地で行われた

宿敵アメリカとの決勝では1-2という僅差で惜敗しました。

 

そのさらに前(4年前)の第27回大会でも決勝でアメリカに敗れ、準優勝。

 

この大会で準優勝経験はある日本ですが、

いまだ優勝経験はありません。

 

日本にとってこのU-18 ベースボールワールドカップは鬼門であり、

その前に立ちはだかるのが、アメリカなんです。

 

今回はなんとか宿敵アメリカを撃破し、

日本の高校野球のレベルの高さを世界に証明し、

悲願のu18世界制覇を成し遂げて欲しいですよね!

 

スポンサードリンク

コメントを残す