中村奨成捕手(広陵)はドラフト1位?巨人小林捕手を超える逸材か?!

埼玉県勢初となる花咲徳栄高校の優勝で幕を閉じた2017年夏の甲子園。

 

優勝最有力と言われていた大阪桐蔭が準々決勝で敗れる中、

決勝まで勝ち進み、もっとも印象的な活躍をしているのが、広島県の広陵高校

その中でひと際目立っているのが中村奨成捕手です。

 

今回は甲子園での活躍によってドラフト1位候補に急浮上したと言われる

中村奨成選手について見ていきましょう!

スポンサードリンク

 

中村奨成プロフィール

中村 奨成(なかむら しょうせい)

生年月日   1999年6月6日

身長/体重  182cm/77kg

出身中学廿日市市立大野東中学校(広島県)

ポジション      キャッチャー (右投右打)

所属       広陵高校

中村奨成選手は現在高校3年生の18歳。

広島県の名門「広陵高校」で1年春からレギュラーを務める逸材。

 

 

広陵高校といえば、センバツ(春の)甲子園で優勝3回、

夏の甲子園でも準優勝3回を誇る名門中の名門

 

 

プロ野球選手も多数輩出しており、

阪神タイガースの金本知憲監督や広島カープの野村祐輔投手、

巨人の小林誠司捕手や西村健太朗投手、吉川光夫投手、

日本ハムの有原航平投手、阪神タイガースの上本博紀内野手などなど

広陵高校の卒業生は一流選手揃いです。

 

 

今回の甲子園でのベスト4進出は10年ぶりですが、

10年前の広陵高校は野村投手(現広島)-小林捕手(現巨人)バッテリーという

現在のプロ野球でトップクラスの活躍をしている2人が

同じチームで準優勝まで勝ち上がった大会でした。

 

今考えればすごいことですよね!

現広島のエースと今年のWBCで大活躍をした日本を代表する捕手。

その2人が同じ高校のチームメイトだったなんて・・・。

そんなチームでも優勝できないのが甲子園のおもしろいところですw

 

 

まぁそんな話はさておき、

そんな名門広陵高校で1年生からレギュラーを務めるのが中村奨成捕手。

 

まさに走攻守揃った選手で、

50メートル6秒0の俊足

ホームランを量産する打力

そして遠投120メートル、二塁送球の平均タイム1秒85という

プロでもトップクラスの強肩を備えた選手なんです。

 

元々プロ注目の選手だと言われていたんですが、

今回の夏の甲子園で一気にドラフト1位候補に躍り出ました。

中村奨成はドラフト1位指名されるのか?

 

これだけの選手ですから、ドラフト1位指名されるのか?が気になりますよね。

 

しかし!しかしです。

プロも非常に厳しい世界。

そもそも高校生がドラフト1位指名されることはあまり多くありません。

 

やはり高校生で即戦力になることはほとんどないし、

大学生や社会人には即戦力となる逸材がいるので

即戦力となる選手をドラフト1位で指名するというケースが多いです。

 

 

そんな中、去年(2016年)のドラフト会議

10年に1度の高校生豊作の年ともいわれ、

ドラフト1位だけでも

藤平尚真投手(横浜高校→楽天)

寺島成輝投手(履正社高校→ヤクルト)

今井達也投手(作新学院高校→西武)

堀瑞樹投手(広島新庄高校→日本ハム)

と4人もの選手が指名されました。

これはかなりレアなケースです。

 

ただ、10年に1度の豊作と言われる年でも12球団中4人。

ドラフト1位間違いなしと見られていた高橋昂也投手(花咲徳栄→広島)は

1位では指名されず、ドラフト2巡目で広島から指名されました。

 

 

そして豊作と言われた去年の反動なのか、

逆に今年(2017年)のドラフト会議は

10年に1度の高校生候補が不作の年と言われています。

 

 

そんな中、甲子園開幕前に注目を集めていたのが

2人の東西のスラッガー。

東の清宮幸太郎選手(早稲田実業高校)

西の安田尚憲選手(履正社高校)

この左の好打者2人が今年のドラフト高校生候補の目玉だと言われていました。

 

この2人に割って入り、一気にドラフト1位候補に躍り出たのが

広陵高校の中村奨成捕手なんですね。

 


スポンサードリンク

 

なぜ急に評価が急上昇したのか?

というと甲子園での神がかり的な活躍です。

 

1回戦  中京大中京(愛知)戦  5打数4安打2本塁打3打点3得点1盗塁

2回戦  秀岳館(熊本)戦    4打数3安打1本塁打3打点2得点1四球

3回戦  聖光学院(福島)戦   4打数3安打1本塁打4打点1得点1四球

準々決勝 仙台育英(宮城)戦   5打数2安打2得点1盗塁

準決勝  天理(奈良)戦               5打数4安打2本塁打7打点4得点1四球

決勝   花咲徳栄(埼玉)戦   5打数3安打

 

はい。すごすぎます。

広陵高校が当たっている相手が強豪ぞろいなんですが、

そんな強豪校相手に異次元の活躍。

 

 

1回戦の中京大中京戦では挨拶代わりのホームラン2発

しかも、2本とも逆方向(ライトスタンド)へのホームランなんです。

 

甲子園と言えば、日本の球場の中でもかなり広く、ホームランが出にくいことで有名ですが、

特にライトスタンドはプロの左の強打者でもなかなかホームランが出ません。

 

それを右バッターの中村奨成捕手が逆方向のライトスタンドに1試合2発。

これで一気にメディアの注目を受けることになりました。

 

 

2回戦の秀岳館は3期連続ベスト4進出の強豪。

秀岳館には大会屈指の左腕田浦投手と川端投手がいるんですが(どちらも高校日本代表)

その1人、エースナンバーを付けた田浦投手から9回に試合を決める3ランホームラン

これは右中間スタンドに打った瞬間ホームランとわかるような強烈な当たりでした。

 

 

3回戦の聖光学院は夏の甲子園11年連続出場の強豪。

この試合では4-4の同点で迎えた9回表に

聖光学院のエース、斎藤投手から

3試合連発となる勝ち越しの2ランホームランを打ちました。

 

 

準決勝の天理戦では初回に先制2ランホームラン

逆転を許した5回には同点ソロホームラン

2アウト満塁で迎えた7回には走者一掃の3点タイムリーツーベース。

なんと1人で7打点の大活躍をしました。

 

逆方向にも打てて、チャンスに強く、試合を決める場面でも打つ。

しかも盗塁も2つ決めて、強肩。

これだけの活躍をすれば、プロも注目しますし、ドラフト1位候補というのもわかりますよね。

 

 

現在プロ野球で活躍する捕手で「打てるキャッチャー」はあまり多くありません。

古田敦也さん、城島健司さん、阿部慎之助選手のようなクリーンナップも打てる捕手というのは

めちゃくちゃ貴重な存在ですが、そんな存在になりえるのが中村奨成捕手なんです!!!

中村奨成は小林誠司より上?

 

同じ広陵高校出身のキャッチャーといえば、巨人の小林誠司捕手。

WBCでも活躍した日本を代表するキャッチャーですが、

高校時代の実力はどっちが上なのか?って気になりますよね。

 

 

これを高校時代に小林捕手を育てた広陵高校の中井哲之監督に

メディアがインタビューしていました。

 

 

中村奨成捕手に関して

「小林誠司捕手と比較しても近い実力なんじゃないですか?」

という質問に対し、

「いやいやいやいや、もう全然。全然、奨成が上ですね!」

と答えていたんです。

 

素質は小林捕手以上。

・・・ということは、将来は日本球界を代表するキャッチャーになりそうですね!

 

 

まとめ

 

今年のドラフト1位候補に急浮上した中村奨成捕手。

ドラフト1位はもちろん、複数球団の競合も十分考えられます。

 

それだけ「打てるキャッキャー」というのは、どの球団も欲しいですからね。

 

どこの球団が指名するのか?

に注目が集まりますが、素材が良いだけに

しっかり「打てるキャッチャー」として育てられる球団に入ってほしいですよね(コレ切実)

 

10年後には日本No.1キャッチャーとして活躍していると期待しつつ、

今年のドラフト会議を楽しみに待ちたいと思います!!

 

スポンサードリンク

コメントを残す