ドキュメンタルの続編(シーズン4)はいつ公開?出演者と新ルールも予想してみた

Amazon Prime Video(アマゾンプライムビデオ)で独占公開中の「ドキュメンタル」

ダウンタウンの松本人志さんが主宰する「密室笑わせあいサバイバル」ですが、

その第3弾となる「シーズン3」の最終話が先日配信され、

ついに優勝者が決定しました。

 

シーズン1から見ている方はわかると思いますが、

この「ドキュメンタル」はルールの追加や改定が少しずつ行われており、

シーズン1→シーズン2→シーズン3と回が進むごとに

どんどん面白くなってるんですよね。

 

 

ドキュメンタルシーズン3が終わったとこだけど、

シーズン4が早く見たい!

ということで、今回はシーズン4の

公開時期や出演者の予想、さらには新ルールも予想してみたいと思います!

スポンサードリンク

ドキュメンタルとは?

と、本題に入る前に「ドキュメンタル」の概要をおさらいしておきましょう。

—– ドキュメンタルとは —–

 

「10人の芸人たちが、芸人のプライドを賭け、

賞金1000万円を競う“密室笑わせ合いサバイバル」

 

参加者10名

参加費1人100万円

制限時間6時間

 

同じ部屋に集まった参加者同士が、

あの手この手で「笑わせ合う」のがこのゲームの基本ルール。

笑ってしまいレッドカードが出たら即退場。

笑いを仕掛け、笑いに耐え、見事、この激しい攻防をくぐり抜け、

最後まで残った1人が賞金1000万円を獲得できる。

ルールは至ってシンプル。笑ったら負け。

ジャッジするのは松本人志さん。

 

 

年末恒例の「ガキの使いの笑ってはいけないシリーズ」だと

様々な刺客が送り込まれ、様々な仕掛けもありますが、

この「ドキュメンタル」は笑わすのも参加者。

 

つまり「笑わせる強さ」と「笑わない強さ」を

兼ね備えた芸人が優勝する。

 

というコンセプトなんですが、ドキュメンタルのルール上、

実際には

笑わせる強さ < 笑わない強さ

と笑わない人が勝ち残り、面白い人がすぐに敗退するという現象が起こり、

批判の声も多い結果となりました。

 

 

特に第1回目の「シーズン1」はまだ手探り状態だったこともあり、

時間が経ち、人が減れば減るほど、おもしろくなくなるという

通常の地上波放送ではなかなかない事態となりました。

 

実際に最後まで残った人が批判の対象になることも多く、

早期敗退者が賛辞を浴びたりと、

通常では考えられない、かなり異色の番組となっています。

 

 

しかし、これもドキュメンタル。

完全にガチでやってるドキュメントバラエティだからこそ

起こることなんですよね。

 

 

ただシーズン1→シーズン2→シーズン3と

ルール改定を重ね、最新のシーズン3では

最後の最後までおもしろかった!

という声も多かったようです。

 

さらに改良を加えたシーズン4の公開が楽しみです!

 

ドキュメンタルの続編(シーズン4)はいつ公開?

 

シーズン3が終わったばかりのドキュメンタルですが、

早くもシーズン4が待ち遠しい!

次のシーズン4はいつ公開なのか?

予想してみましょう。

 


ドキュメンタルの公式Twitterで

2017年の冬にシーズン4が公開されることが告知されています。

 

これまでのシーズンでは

シーズン1  2016年11月30日~2016年12月21日

シーズン2  2017年4月26日~2017年5月24日

シーズン3  2017年8月2日~2017年8月30日

というスケジュールで公開されてきました。

 

 

シーズン1とシーズン2の間は約4か月空いていますが、

シーズン2とシーズン3の間は約2か月しか空いてないんですよね。

 

 

もし、シーズン4がシーズン3のときと同じスパン(10週)で

公開されると仮定すると11月8日が第1話の公開日になります。

 

 

ただ

11月8日は「冬」と呼べるのか?

という疑問も残るのでw

11月の後半の11月22日or29日辺りも候補としては有力だと思います。

 

 

まぁあくまで僕個人の予想ではありますが、

過去のデータから見ても大きくは外れていないと思いますよ!

 

 

※ちなみにドキュメンタルはこれまで、シーズン1からシーズン3まで

すべて毎週水曜日に公開されており、それも踏まえた上での予想になっています。

 

ドキュメンタルシーズン4の出演者を予想!

 

ドキュメンタルは出演者が出演者を笑わせるというルール上、

出演者(参加者)が誰なのか?

によってかなり面白さが変わります。

 

 

シーズン3ではこれまでのドキュメンタルシリーズの中でも

「実力派」が多く、出演者が発表された時点で

過去最高傑作になるのではないか!?

という声が多く上がっていました。

 

で、実際におもしろかったわけですが、

シーズン4ではそのシーズン3をも上回る

キャスティングが実現すると予想します!

 

 

今までの出演者を振り返ってみると

・吉本興業所属芸人が多い

・コンビが両方出たことはない

・同じ人が3回出たことはない

・優勝者(最後まで残った人を含む)が再度出演したことはない

・出演経験がある中でおもしろくなかった人が再度呼ばれることはない

こんな特徴があります。

 

 

まぁまだシーズン3なので、もちろん覆される可能性はありますが、

この(暗黙の)ルールが適用されると仮定して考えてみます。

 

過去1度だけ出演していて面白かった出演者(主観+ネット口コミ)

日村勇紀(バナナマン)

秋山竜次(ロバート)

春日俊彰(オードリー)

ケンドーコバヤシ

後藤輝基(フットボールアワー)

5人中4人がシーズン3参戦者ですがw

1度出演していて実績のあるメンバーが呼ばれることは十分考えられるので、

この中から2~3人選ばれる可能性は高いです。

 

特にフットボールアワーの後藤さんとケンコバさん辺りは

場を回したり、相手の技を受けたりと

「おもしろい空間を作る」ということに対する貢献度が高かったので、

シーズン4にも参戦する可能性は高いんじゃないでしょうか。

 

「笑わない」ことに集中しすぎて

「逃げ」に走る人ばかりだと盛り上がらないですからね・・・。

 

 

まだ出演していない(コンビの相方含む)候補者

徳井義実(チュートリアル)

小杉竜一(ブラックマヨネーズ)

哲夫(笑い飯)

大悟(千鳥)

井上裕介(NONSTYLE)

高橋茂雄(サバンナ)

田中卓志(アンガールズ)

山崎弘也(アンタッチャブル)

みやぞん(ANZEN漫才)

だいぶ希望も含まれていますがw

シーズン3を超える出演者と考えるとこれぐらいの実力者が必要なんじゃないでしょうか。

 

みやぞんさんは爆発的な攻撃力で

一気に2~3人を脱落させるぐらいの破壊力がありそうですが、

防御力は皆無っぽいので開始5分でレッドカード出るとかありえそうw

ぜひとも見てみたいです(笑)

 

 

Twitter上でもドキュメンタルシーズン4の出演者予想はかなり盛り上がっています。


うーん。どれもおもしろそうですね!

 

自分が出て欲しい芸人さんを予想してみて

そのメンツだったらどうなるかを妄想してみる

ってのもなかなか楽しいですw

 


スポンサードリンク

 

新ルールはあるのか?

 

ドキュメンタルはシーズン1からスタートし

シーズン2、シーズン3と新たなルールが追加されています。

 

シーズン2からの追加ルール

・ポイント制の導入

制限時間が0になり、複数名が残っていた場合には「笑わせたポイント」が高いほうが勝利となるというルール。シーズン1では最終的に1人に絞れず、優勝者が決まらなかったことと、シーズン1では「お笑い攻撃力」がまったく加味されず、笑いを取りに行かない「逃げ」戦略で勝ち残るということが可能だったため、笑いを取らない人が優勝できない新ルールに変更。

・賞金が1000万円から1100万円に

1000万円がドキュメンタルの優勝賞金だが、参加者が持ち寄った参加費100万×参加人数10人の合計を賞金とするルールだと、結局優勝者は900万円しか増えない計算になるため、100万円を主催者松本人志さんのポケットマネーで補填。優勝者は1100万円の賞金を手にできるというルールに変更。

 

シーズン3からの追加ルール

・ゾンビルールの導入

これまで脱落者は即退場し、部屋に戻ることはなかったが、シーズン3では脱落者はゾンビルームにて待機し、部屋の様子をモニターでチャックできる。そして松本さんの合図で「ゾンビタイム」が発動すると脱落者がゾンビとして部屋に残っているメンバーを笑わせに行くことができる。ゾンビは笑ってもOK。このルールの追加により、終盤にメンバーが減ったとき、おもしろくなくなるという事態を回避し、シーズン3は最後までおもしろい作品となった。ゾンビとなった脱落者が全員を笑わせ、残り0人になった場合は「ノーコンテスト」となり、参加費の100万円はキャッシュバックされる。

 

このシーズン2、シーズン3でそれぞれ追加されたルールによって

ドキュメンタルはどんどんおもしろく、いい方向に改善されていっています。

 

シーズン4ではこれまでのルールがそのまま継承される可能性が高く、

さらに新ルールが導入される可能性もありますよね。

 

シーズン3では

「最後までおもしろかった」

という声が多い反面、

「優勝者には納得がいかない」

という声も多く、現状のドキュメンタルでは

お笑いの「攻撃力」よりも「防御力」が強い人が勝ち残る傾向にあり、

「本当におもしろい人を決める」

という趣旨から少しズレているんではないか?

という意見も多いんですよね。

 

 

シーズン4では

「攻撃ポイントと防御ポイントの統一」

なんてルール追加があるかもしれません。

 

参加者は最初から3ポイントを所有。

笑ったら-1ポイント。

笑わせたら+1ポイント。

そして最終的にもっともポイントが多い人が優勝。

 

こういったルールが採用されれば、

お笑いの攻撃力も防御力も兼ね備えた芸人が

ドキュメンタルの優勝者となり、

コンテンツとしても今よりもっとおもしろくなるんじゃないでしょうか?

 

まとめ

 

今回はアマゾンプライムビデオで独占公開中のドキュメンタルについて見てきました。

 

続編(シーズン4の)公開予想日

シーズン3と同じスパンであれば11月8日

2017年冬公開という公式発表から予測すると

11月22日or11月29日

と予想されます。

 

出演者に関してはこれまでに出て好評だった人と

まだ出ていない実力は芸人が出て欲しいですよね!

 

 

完全に個人的な希望でいうと

日村勇紀(バナナマン)

秋山竜次(ロバート)

ケンドーコバヤシ

後藤輝基(フットボールアワー)

徳井義実(チュートリアル)

小杉竜一(ブラックマヨネーズ)

井上裕介(NONSTYLE)

田中卓志(アンガールズ)

山崎弘也(アンタッチャブル)

みやぞん(ANZEN漫才)

この10人のドキュメンタルが見たいですw

 

そしてさらに新ルールとして

「攻撃ポイントと防御ポイントの統一」

が採用されれば、間違いなく過去最高傑作のドキュメンタルになると思います。

 

アマゾンプライムビデオでの独占配信ということで

地上波放送では絶対にできない内容で

本当におもしろい芸人を決める

というドキュメンタルは回を重ねるごとにおもしろさを増し、

着実にファンを増やしています。

 

シーズン4の公開が本当に楽しみですね!

 

スポンサードリンク

コメントを残す